抜け毛というと男性に起こりやすいとされている老化トラブルの1つだとイメージされていますが、女性も男性と同じように抜け毛トラブルが起こるようになってしまう恐れがあります。ただ一般的な抜け毛の原因はストレスを感じてしまうことで、体に負担がかかることで髪の毛が抜けてしまうと勘違いしている方は少なくないのです。しかし頭髪が抜けやすくなるのはストレスだけが原因ではなく、様々な原因要素があることで、年齢を関係なく様々な世代の方が髪全体のボリュームが減るようになってしまったり、適切なお手入れを行わないことでどんどん頭皮や頭髪トラブルが悪化してしまう危険がありますので、まずは自分の頭髪が抜けてしまっている原因をきちんと確かめて適切なケアを行う必要があります。

女性特有の頭髪が抜けるトラブルとは

男性による頭髪が抜けやすくなるトラブルと、女性のトラブルは一見同じだと思いがちですが、実は女性独特のトラブルが重なることで起こりやすくなってしまうので、男性とは違ったお手入れ方法を行う必要が出てきます。まずトラブルの1つが老化によるホルモンバランスの乱れです。年齢を重ねると女性ホルモン量が低下しやすくなり、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまう恐れがあります。女性ホルモンには頭髪の成長に必要不可欠なエストロゲンが含まれているので、エストロゲン量が減ってしまうと髪全体に栄養がいきにくくなり、髪質が細く弱くなってしまい抜けやすくなる恐れがありますので、定期的に女性ホルモンに近い美容成分が含まれる美容サプリメントなどを飲んで不足しがちな美容成分を補うと効果があると言われています。

規則正しい生活を心がけることが大切

定期的にヘアカラーやパーマなど頭皮に負担をかける強い薬剤を利用したヘア施術を受けている方などは、どうしてもヘアダメージや頭皮ダメージが強くなってしまう傾向にありますので、髪全体が弱くなり切れ毛や抜け毛などのヘアトラブルが起こりやすくなってしまいます。このようなお手入れを無理に続けてしまうと頭皮や毛根を傷めてしまうので、ヘアサイクルが正常に働かなくなってしまう恐れがあり、健康でしなやかな髪が維持することが出来ずに、抜けやすくなってしまうデメリットとなりますのでダメージヘアが改善しないと感じる場合は、カラーリングやヘアパーマなどを行うのを一時的にやめて、頭皮と頭髪を休ませる休息時期を設けるようにすると髪質の改善や頭皮のコンディションが良くなり健康な髪を手に入れることができます。